毎日をごきげんに暮らすKIKOのブログです

【2021年秋冬版】新しい手帳を購入するべき開運最強日は?「縁起の良い日」を紹介します

2022年も良い年にしたい!
手帳を使い始める縁起の良い日を教えて!

こんにちは。

新しい手帳のことを考えると、たまらなくワクワクするKIKO(@kikoslog)です。

今回、私がお伝えしたいのは、手帳を購入し使い始める日は「縁起の良い日」にしませんか?というお誘いです。

2022年版の手帳はいつ購入し、いつ使い始めたら良いのか?

7月から12月までの縁起の良い日をお知らせしますね。

さらに、来年の手帳情報(新作手帳も!)もまとめてみましたので、参考にしていただけたらと思います。

【2021年秋冬版】新しい手帳を購入するべき開運最強日は?「縁起の良い日」を紹介します
*この記事を書いた人*

KIKO

ズボラで繊細な手帳好き。
暦や占星術を取り入れて、滑らかな暮らしを目指しています。

ほぼ日手帳weeksの使い方について、雑誌ESSEに掲載されました。
誌面の一部はこちらでご覧になれます。

▶︎手帳の効率が120%アップする使い方。家事にも余裕が生まれる-ESSE online-

取材を受けた感想や誌面の解説はこちら!

▶︎ESSE5月号に掲載されました!「暮らしが回る手帳術」紹介します!




縁起の良い日って?

縁起の良い日ってどういうこと?

みなさん、占いや風水って信じていますか?

私は信じています。

その結果に一喜一憂することはありませんが、日々のいえしごとをこなす動機付けの一つとして使っています。

「新しい靴を使い始める日は、大安が良い」

「玄関をキレイにしておかないと、神様が家に入ってこない」

「今日の蟹座のラッキーフードはカレー」

と聞けば、大安に靴を使い始め、玄関の掃除をし、その日の晩御飯はカレーにします(笑)

できることしかやりません。

しかし「やった方が良い」とされている日にその行動することは気持ちがいいし、良いことが起きそうな気がします。

手帳の購入したり使い始める日は1年間の相棒をお迎えする日ですから、私はなるべく縁起の良い日にこだわっています。

あわせて読みたい

縁起の良い日はお気に入りの暦でチェックしています。
≫暦を使って暮らしにメリハリを!手帳好きがオススメする暦「ゆうきこよみ」

2021年下半期、手帳を購入するのに適した日は

2021年下半期、手帳を購入するのに適した日は…ズバリ!

2021年11月12日(金曜日)

です。

この日は

一粒万倍日

天赦日

甲子の日(きのえねのひ)

が重なる 最強開運日 なのです!

一つ一つの意味をご紹介しますね。

一粒万倍日とは

「一粒万倍」とは、一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になるという意味である。一粒万倍日は何事を始めるにも良い日とされ、特に仕事始め、開店、種まき、お金を出すことに吉であるとされる。

(中略)

一粒万倍日は数が多いことから、他の暦注と重なる場合がある。その場合、吉日と重なったら一粒万倍日の効果が倍増し、凶日と重なったら半減するという。

一粒万倍日 – Wikipediaより引用

一粒万倍日は1ヶ月に5〜6日あるので、それだけでは「最強開運日」とは言えないかもしれません。

しかし11月12日は「天赦日」と「甲子の日」が重なっています!

天赦日とは

この日は、百神が天に昇り、天が万物の罪を赦(ゆる)す日とされ、最上の大吉日である。そのため、天赦日にのみ「万(よろづ)よし」とも注記される。

天赦日は季節と日の干支で決まり、年に5回または6回ある。

暦注下段 – Wikipediaより引用

天赦日は1年に5〜6日しかない開運日。

春夏秋冬にそれぞれ1〜2日ずつありますが、1月始まりの手帳を購入する秋冬シーズンの天赦日は

  • 10月27日(水曜日)
  • 11月12日(金曜日)

の2日間です。

甲子の日とは

十干の最初である甲(きのえ/こう)。

十二支の最初である子(ね/し)。

この2つが重なる60日に1度の機会。

事始めには最適な吉日。

甲子-60日に1度しか訪れない貴重な開運日 – ゆうきこよみより引用

60日に1回まわってくる甲子の日。1年に6回ほどやってきます。

十干十二支の最初の日ということで、新しい手帳の購入や使い始めにぴったり!

このように11月12日は、3種類の開運日が重なる日!

こんなに縁起の良い日は、1年のうちに3日間くらいしかありません…。

それだけパワーのある1日なのです!

そんな日に手帳を購入したり使い始めたりすると、2022年も良い年になるような気がしてきませんか?

そのほかの縁起の良い日は?

11月12日以外にも縁起の良い日はあるの?

11月12日以外の縁起の良い日を、下記に列記しておきます。
(2021年7月から12月分)

後半に向けて縁起の良い日が減ってくるのは残念なところ…。

数少ない開運日を逃さないように、今から手帳会議を進めて、購入計画を練っておきましょう。

記事後半の「2022年 注目の手帳はコレ!」もぜひ参考にしてみてください。

7月の縁起の良い日
  • 7月15日(木) 大安+甲子の日(不成就日)
  • 7月21日(水) 大安+一粒万倍日
  • 7月24日(土) 一粒万倍日+満月

※不成就日は「なにごとも成就しない日」とされています。気になるかたは避けて他の開運日に行動しましょ!

8月の縁起の良い日
  • 8月2日(月) 大安+一粒万倍日
  • 8月8日(日) 一粒万倍日+新月
  • 8月28日(土) 天赦日
9月の縁起の良い日
  • 9月16日(木) 大安+一粒万倍日(不成就日)
  • 9月21日(火) 一粒万倍日+満月
  • 9月28日(火) 大安+一粒万倍日
10月の縁起の良い日
  • 10月20日(水) 大安+満月
  • 10月27日(水) 天赦日
11月の縁起の良い日
  • 11月6日(土) 大安+一粒万倍日
  • 11月12日(金) 大安+天赦日+甲子の日
12月の縁起の良い日

・12月4日(土) 大安+一粒万倍日+新月

12月4日は2021年下半期、2番目の開運日といっても良いと思います。

新月は月が生まれ変わることから、新しいことを始めるのに向いている日とされています。

お月さまのパワーを借りてみるのも良いですね!

 

2022年 注目の手帳はコレ!

ここからは手帳マニアな私が、個人的に気になっている2022年の手帳事情をご紹介します。

今年も新作が続々と発表されていますね。

手帳好きさんの盛り上がりは、毎年8月下旬がピークのような気もします(笑)

「縁起のいい日手帳」(暦生活)

新日本カレンダーさんが運営する「暦生活」から誕生する手帳、その名も

「縁起のいい日手帳」

まだこのツイート以外の詳細が出ていませんが、画像などからわかることをまとめました。

  • 発売は8月 
  • サイズはB6
  • 月間カレンダーは月曜日始まりで6段 
  • 2021年12月始まり 
  • 吉日情報、月の満ち欠け、旧暦、雑節、和風月名入り 
  • 二十四節気、開運コラム付き

新日本カレンダーさんといえば、1922(大正11)年からカレンダーを製造している、いわば「暦のプロ」。

今年は縁起の良い日や開運コラムのついた手帳が発売になります。

個人的に、2022年の新作手帳で一番注目している商品です!

画像の手帳の厚みから、月間ブロック以外にウイークリーが付いているような気がします。

表紙のカバーは茶・白・黒みたいですが、全6アイテムってどういうことなんでしょうね?

気になります…

torinco(トリンコ)11(高橋書店)


高橋書店さんのtorinco(トリンコ)シリーズ

2022年は新作が出るようです。

まだ公式サイトには出ていないようですが、Amazonでは情報が出ていました。

わかる範囲でまとめます。

  • 発売日は8月21日(現在予約受付中) 
  • サイズはA5 
  • 月曜日始まり 
  • 2021年12月始まり(ウイークリーは12月27日スタート) 
  • 月間ブロックと週間バーチカル 
  • 月間ブロックはタブ付き 
  • 週間バーチカルは5時〜24時。右側には方眼のメモスペース 
  • 表紙はスモーキーカラーの4色

このCITTA手帳のようなウイークリーのレイアウト、流行りなんですね〜

今年は高橋書店からの登場です。

torincoシリーズは紙質も素晴らしい手帳なので、期待できます!!

まだまだ2022年手帳情報

他にも情報解禁されている手帳はありますよ!

trystrams(コクヨ)


毎年早い時期から発売を開始している「trystrams(トライストラムス)」。

今年は今のところ、野帳手帳(測量野帳の中身がカレンダーになっているタイプ)のみのラインナップとなっています。

B6サイズの「yraid」はやめちゃうのかしら?
(7月7日現在)

仕事計画シリーズ(ラコニック)

ラコニックさんの仕事計画シリーズもラインナップが発表されています。


こういったPCの手前に広げられる横長の手帳が、2022年はトレンドなんでしょうね。

これ、カバー付きでなかなか素敵♪

ハイタイド

ハイタイドさんは2022年手帳のラインナップが4月から公開されています。

発売開始は8月上旬です。

Ban.do バン・ドー(マークス)


カラフルで元気になれるBan.doの手帳が今年もマークスから発売されています。

ロジカルダイアリー(ナカバヤシ)

ナカバヤシさんの「ロジカル罫」を使ったロジカルダイアリー。

今年はドラえもんコラボや抗菌加工の商品が発売されるようです。

ロジカルダイアリー2022ラインナップはこちら

ロジカルダイアリー見開き2週間の誌面

見開き2週間の手帳って最近減っているような気がするので、個人的にはとても応援しているシリーズです。

購入した手帳は「下ごしらえ」をしよう

2021年下半期の最強開運日は11月12日(金曜日)とお伝えしました。

では買った手帳を来年の1月まで眠らせておくのかというと、そんなことはありません。

私はこの期間に「手帳の下ごしらえ」をします。

手帳の下ごしらえとは、「買った手帳を自分が使いやすく手を加えること」。

市販の手帳はとても完成度が高いですが、それでも100点満点ではありません。

手を加えることで、自分にとってもっと使いやすい手帳にしあげます。

毎年行なっている下ごしらえは

  • 自分の名前とメールアドレスを記入する
  • 新月と満月にシールを貼る
  • 参照頻度の少ないページから書き込む

買ったらすぐ使い始める方もいますが、私はこの期間を
「手帳と共にこの1年間を無事に過ごせますように」
と願って、新しい手帳に手を加えながら過ごしています。

まあ手帳が大好きなので、「手帳を買ったのに、使わずしまっておく」のができないからという理由も大きいとは思いますが…(笑)

あわせて読みたい

ほぼ日手帳weeksの下ごしらえについては、こちらで詳しくご紹介しています。

ほぼ日手帳weeksの弱点を補強!手帳は下ごしらえしてジブン仕様に… – KIKO’S LOG

おわりに

手帳に特にこだわりがない方でも、手帳を購入する日や使い始める日に、少しこだわることで、ちょっと得した気分になりませんか?

私の2022年手帳の購入計画は、

  1. 8月後半から10月の縁起の良い日に、大きめの文具店にて事前リサーチ
  2. 11月12日(金曜日)に購入
  3. 12月4日(土曜日)に使い始め

にしようと、いまからワクワクしています。

ちなみに2022年1月11日(火曜日)も、かなり強力な開運日。

この日は「一粒万倍日+天赦日+甲子の日+友引」が重なります!!

「お正月は慌ただしくて、ゆっくり手帳と向き合えない」

というかたは、1月11日から使い始めるのも、良いかもしれませんね。

あわせて読みたい

お正月が落ち着かない!というかたは、こちらの記事も参考になるかもしれません。

≫主婦の目標管理は元日以外のスタートがおすすめ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。