KIKO's essay はこちらからどうぞ

父の日に体組成計をプレゼント!タニタとオムロンを比較しました

こんにちは!KIKOです。

2021年の父の日は、体組成計をプレゼントしました。

購入にあたり、メーカーさんのコールセンターに電話をかけていろいろと調べたので、ブログにまとめておきます。

スマホと連動できる体組成計選びの参考になればと思います。

この記事を書いた人

KIKO

子なしのアラフィフ主婦。
詳しいプロフィールはこちらの記事をご覧ください。
”はじめまして”のご挨拶とワタシについて


父は70代前半。
今では退職して農家のおじさまですが、現役時代はカーディーラー勤務。
新しい物好きで、iPhoneを使いこなしています。

商品選びの条件は「ヘルスケア」アプリとの連動

私の父は昨年末に糖尿病と診断され、食事療法や運動療法に取り組んでいます。
いまでは体重を10キロちかく落とし、筋肉も付いてきたそうです。

そんな父は、iPhoneの「ヘルスケア」アプリに日々の体重や体脂肪BMIを入力し、右下がりになっているグラフを見て楽しんでいるタイプ…。

なので今回のプレゼントの条件は「スマホに自動でデータが同期される」こと。

そこで、タニタとオムロンのカタログをもらってきて、比較検討しました。

タニタはRD917LRD916Lを比較

日本で初めて家庭用体重計を開発したタニタ。
さすがスマートフォン連携の商品が豊富です。
(2021年6月現在で6種類)

6種類の中から、より正確な測定ができる「デュアルタイプ体組成計」のRD917LRD916Lを検討してみました。

ちなみにカタログには「RD917L /RD915L」と「RD916L /RD914L」となっていますが、これは流通経路の違いで型番を分けているだけで、それぞれ同じ商品だそうです。

「RD917L」と「RD916L」の違いは、RD917Lの方が最小表示が50gと、より細かく測定できるようになっています。

また様々なデータの測定ができますが、その表示に違いがあります。

RD917Lすべてのデータが本体の表示窓で確認できるのに対して、RD916L対応アプリ(ヘルスプラネット)でのみ確認できる項目があります。

RD916L 対応アプリでのみ確認できる項目
  • 基礎代謝量
  • 基礎代謝量判定
  • 体内年齢
  • 体水分率

その他の機能はほぼ同じと考えて大丈夫です。

オムロンはカラダスキャンHBF−703Tを検討

オムロンはスマートフォン連動できる機種は3種類あるようですが、その中から両手両足測定のできる「HBF -703T」を選んでみました。

両手両足測定タイプは、電極のついたグリップを両手で握って測定します。

人間の体内の水分量は夜になるにつれ下半身に集まってきます。

ねこさん
ねこさん

夕方になると浮腫んだりするよね

このグリップからも弱い電流が体内に流れることから、体内水分の日内変動の影響を受けにくく、より正確な測定ができるそうです。

「ヘルスケア」アプリに同期できる項目

いろいろと検討した結果、私はオムロンの体組成計を購入しました。

決め手は

  • もともと父はオムロンの商品を使用しており、両手両足測定になれている
  •  iPhoneの「ヘルスケア」アプリでBMI値も同期できる
「ヘルスケア」アプリに同期できる項目
  • ヘルスプラネット(タニタ)=体重、体脂肪
  • オムロンコネクト=体重、体脂肪、BMI

今までのデータが残っているiPhoneの「ヘルスケア」アプリを今後も使用したい父にとっては、BMIも自動的に同期できたほうが良いかなと思いました。

私も購入しようと思っています

父のプレゼント選びでメーカーさんに電話をかけて調べたりした結果、私もオムロンの体組成計が欲しくなりました(笑)

父の日当日に実機を見せてもらったのですが、なかなかスタイリッシュ!
おまけに「オムロンコネクト」というアプリが見やすくて、連携も簡単でした。

「オムロンコネクト」の使い方はアプリをダウンロードして、アプリ側で使用者を登録するだけ。
本体との連携はBluetoothで行います。

私はといえば…
最近、不妊治療をやめてからというもの、食べたいものを食べる生活…(汗)

KIKO
KIKO

そろそろ身体にも気を使っていかないと!

私はこういうデータが出るものは努力できるタイプなので、きっとハマるはず。

なによりただ体重を落とすだけじゃなくて、筋力や体内の水分量も測れるのが良いですよね。
より健康的な身体を手に入れるための励みになりそう!

というわけで、また購入したら実機レビューしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。